2019年秋リリース予定! for iphone
お知らせはSNSで行ないます。 お気軽にご登録ください。
ポイントも
貯まります

美味しく食べるだけで社会貢献に、
SNSにアップすることが寄付に
今日はこのお店! 明日はあのお店!

食べる喜び、お店選びの楽しさで繋ぐ 「新たな貢献のかたち」

一人ひとりのちょっとした行動が、
食品ロスを解消し、恵まれない人たちの支援につながります。

ポイントも
貯まります

どんなしくみ?

あなたのアクションがタベキフを通じて食品ロス解消・社会貢献
tabekifuとは

あなたはどのアクション?

Action1
ユーザ・お客様として
美味しくご飯が食べたい
お得にご飯が食べたい
今日はどのお店にしよう
詳細をみる
Action2
飲食店・食物販店として
食材が残りそうだな
過剰発注しちゃったな
お客様の入りが弱いな
詳細をみる
Action3
オフィシャル代理店として
力になれるかも
賛同できる飲食店を知っている
行きつけのお店がある
詳細をみる
Action4
サポーターとして
社会貢献に興味がある
気になる。フードロス問題
活動を一緒にやってみたい
詳細をみる
Action5
プラチナサポーターとして
何らかの形で力になりたい
少しでも支援できるかも
資金面でサポートをしたい
詳細をみる
Action6
コラボ・アライアンス
會社との架け橋に
教育機関との繋がりがある

詳細をみる
あなたはどの社会貢献団体を選ぶ? 寄付する団体は10団体からお選びいただけます。 > 社会貢献団体について

アドバイザリーボード

フードロス問題。最近では世間の意識も少しずつ変わって来ているように感じますがどうしたらいいのかわからない方も多いと思います。でも、tabekifuならアプリを駆使して気軽にそしてお得に関われて、尚且つ社会貢献にも繋がるという事が出来ちゃいます!食べる事は生きる事。便利にスマートに”もったいない”を減らしていきましょう。

原 千晶

タレント 婦人科がん患者会よつばの会代表

​​サラドは組織のサスティナブルな働き方を健康経営の文脈で支援しており、食事をその重要なアプローチの一つと考えます。フードロスという課題に立ち向かうことで、また少し違った方法でサスティナブルな社会を実現されようとするタベキフの志を、微力ながら私たちもサービスの活用という方法で応援したいと考えます。

細井 優

サラド Red Yellow And Green株式会社 President & CEO

気になるフードロス問題を、“フードハピネス”に変えてくれる社会貢献型アプリ、tabekifu。消費者とお店の双方に嬉しく、さらに寄付にもなる素晴らしい仕組みです。持続可能な社会を目指す上で、「tabekifuでお店探し」は新たなスタンダードになっていくことでしょう。簡単でポジティブなアクションを、ご一緒に愉しみましょう。

坂本 かおり

株式会社グレース代表 コミュニケーション・プロデューサー

※画面、写真、特集内容はイメージです。

※画面、写真、特集内容はイメージです。

「食」は、人間が生きる為に必要不可欠なもの。
日本は世界的にも食に恵まれています。
反面、毎日多くの食品ロスが発生しているのも事実です。
その現実を改善する第一歩として、
日々の生活の中にさらりと取り入れる事ができるのなら
誰もが誰かの力になることができます。

美味しいご飯を食べたい。 お得に食事をしたい。
キャンセルが入ったり、仕込みすぎた食事や食品を提供したい。
そんな時こそ、日々の生活にtabekifu-タベキフ-を取り入れてみませんか。

タベキフは以下の団体の取り組みに賛同・参加しています。

for iphone & iPad(無料) for android(準備中)

tabekifuからのお知らせ

店舗からのお知らせ

よくあるご質問
Q1 「フードロス解消商品」はどういうものですか?
A1 作りすぎてしまったものや注文ミスで提供しなかったものはもちろん、
使い切れない食材を一部使用した料理など、広い意味でのフードロスの解消につながる商品を指しています。
Q2 寄付ができるのは「フードロス解消商品」だけですか?
A2 それ以外の商品も含め、掲載している商品はすべて対象になります。ぜひ、一緒にご注文ください。
Q3 注文が完了したら、いつでもお店に行けばいいのですか?
A3 お客様が入力した来店予定時間にご来店お願いします。来店予定時間にむずかしい場合、店舗が設定している当日のご来店 可能時間内での受け 取り、もしくは店での食事をお願いいたします。期限を過ぎた場合、お受け取り、店での食事もできません。